イラストレーター山下以登のブログです
【お仕事】「よろこびの歌(宮下奈都)」文庫版


「よろこびの歌」文庫版
 宮下奈都・著
 (実業之日本社

宮下奈都さんの「よろこびの歌」が文庫になりました。(10/5発売)
単行本に引き続き、カバーを担当しました。
装幀はやはり単行本と同じくSuzuki Designの鈴木正道さんです。


音大付属の受験に失敗した有名ヴァイオリニストの娘・玲を始め、新設でこれといって特徴のない私立女子高に通う少女たち。それぞれがそれぞれの挫折やコンプレックスを抱えながらも、表に出すことなく互いに薄く浅くつき合うことで日々をやり過ごしています。
しかし2年生の合唱コンクールのとき、玲が指揮者に選ばれたことで、クラスの中に小さなさざなみが立ち始めます。
6人の少女の視点で丁寧に語られるそれぞれの日常。6つの章が積み重なって、やがてもう一度最初の少女の目に見えるクラスはどのように変化していたのか。

瑞々しくて痛々しくて綺麗でいとおしい。
10代の頃の自意識や痛みや一途さを思い出させてくれる一冊です。

ドからシまでの7つの章のタイトルはすべてハイロウズの歌のタイトルになっています。

目次と各章の扉にも小さなカットを描きました。
ぜひ書店でお手に取ってみてください。

Amazonカスタマー・レビュー
読書メーター・感想
☆恒例(?)の没ラフ公開です。





お仕事(書籍) - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>